64歳パソコン教師の日記 NO.996 (2002.12.14)


 昨日は記念すべき日となりました。ヘミングメイト会員数がついに千人を超えました。発足してまだ3年は経っていません。当初には予想もしなかっ た数字です。

 これまで大過なくやってこられたのも、世話役徳さんはじめ会員の皆さんのご協力があったからこそです。あらためて皆さんにお礼を申し上げます。

 会員番号 998/999/1000 の三人の方のお誕生日が揃って元旦とは凄い偶然ですね。この確率は 48,627,125 分の1ですよ。998/999 を明け渡した徳さ んと私の会員番号は 1998/1999 に変更しました。

 昨夜はヘミングメイトの肇さん、かんさんと三人で、博多の徳さんから届いたフグの薄造りとフグちりで旭川の大吟醸「男山」を飲みました。友と一 緒に戴くフグと酒の味は最高でした。

 午前2時近くなり、女房が車で肇さんとかんさんを送って行きました。私はその間チャットに入りました。昨夜のチャットルームはヘミングメイトの 皆さんで賑やかでしたよ。

 ドイツの遁走さん、カナダのしげまつさん、南米から帰国したMWDIUMさん、ヘミングメイトエンブレムをデザインされた大阪のかなめさん、横浜駅で出 会った shineさん、昨年、6年間のヨット航海から帰国した私の兄たちと3時過ぎまで会話を楽しみました。


【パソコンでテレビ番組を録画する】

 最近は、テレビ番組を見る、録画する、編集する、DVDに保存する、などが可能なパソコンが増えてきました。しかし、パソコンを買い換える必要 はありません。

 増設するのはTVチューナー付きキャプチャー機器です。内蔵キャプチャーボードと外付けキャプチャーボックスがあり、それぞれハードウェアエン コードとソフトウェアエンコードの2種類があります。

 内蔵キャプチャーボードはPCIスロットに装着しますから、この空きがない場合の選択肢は外付けキャプチャーボックスのみになります。ただし、 外付けの場合、USB1.1にしか対応していないパソコンでは転送速度が遅いのでコマ落ちする可能性があります。

 ハードウェアエンコードはキャプチャー機器の専用チップで映像をMPEGに変換しますが、ソフトウェアエンコードはCPUを使って変換しますか ら、最低 600MHz 以上のスペックが必要です。

 ハードウェアエンコードのキャプチャー機器は3〜4万円台ですが、ソフトウェアエンコードなら1万円前後のものもあります。

 では、内蔵キャプチャーボードを例に説明します。

  1. パソコンケースを開き、PCIバススロットのカバーを取り外します。

  2. キャプチャーボードをPCIバススロットのコネクタに挿し込み、ビスで固定します。

  3. キャプチャーボードには普通次の端子が付いています。アンテナケーブルその他を接続します。

    アンテナ入力端子(壁のアンテナ端子または分配器に接続)
    コンポジットビデオ入力端子(ビデオデッキの出力端子に接続)
    Sビデオ入力端子(ビデオデッキのSビデオ出力端子に接続)
    オーディオ出力端子(ビデオデッキのオーディオ出力端子に接続)
    オーディオ入力端子(パソコンのライン入力端子に接続)
    リモコン受光ケーブル接続端子(付属のリモコン受光部を接続)

  4. パソコンを起動すると「新しいハードウェアの検索ウィザード」が表示されます。→付属のCD−ROMをセット、→「ソフトウェアを自動インス トールする」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。後は表示に従ってドライバをインストール、→再起動します。

  5. 付属のソフトウェアをインストールします。

 以上で、テレビ番組を見る、ビデオを見る、録画する、編集することができます。録画、編集した番組などをDVDに焼くにはDVDドライブが必要 です。価格は3〜5万円台です。

 内蔵型のインターフェースは ATAPI ですが、外付け型は USB 2.0 またはIEEE 1394 があります。DVDドライブの規格はバックナンバー983 をご覧 ください。

 内蔵型は5インチベイに取り付けますから、この空きがない場合は外付け型に限定されます。次は内蔵型DVDドライブの取り付け方です。

  1. DVDドライブのジャンパーをマスターまたはスレーブに設定します。出荷時はマスターに設定されているのが普通です。

  2. DVDドライブを5インチベイに取り付けます。

  3. 電源ケーブル(4ピン)を接続します。

  4. IDEケーブルを接続します。マスターの場合は端のコネクタ、スレーブの場合は中間のコネクタに接続します。

  5. オーディオケーブルをサウンドカードのコネクターに接続します。オンボードの場合はマザーボードのコネクターに接続します。

  6. パソコンを起動、→付属のソフトをインストールします。

 以上で、録画・編集したテレビ番組やビデオをDVDに焼くことができます。標準画質で2時間分が入ります。DVD-R/DVD+R は 4.7GB で \500/\600 ほどです。 CD-R の7枚分もありますから、データの保存にも威力を発揮します。

 DVD-R/DVD-RW/DVD+R/DVD+RW に焼いたテレビ番組やビデオなどは、家庭用DVDプレーヤーで見ることができます。

 パソコンに保存された写真などをテレビに表示するには、TV出力端子付きグラフィックボードなら、この端子とテレビの入力端子をケーブルで接続 するだけでOKです。

 TV出力端子が付いていないパソコンの場合は、PC-TV コンバータ(1万円弱)を取り付ければOKですよ。メルコ製「PCast」