79 複数の列車を走らせる







■ 列車の画像は列車毎にGIF形式で作成し、背景を透過します。

■ 背景画像は透過しませんから画像形式は問いません。

■ 下記のタグを <BODY> と </BODY> の間に記述します。

<TABLE WIDTH="100%"><TR><TD BACKGROUND="town.gif">
<DIV style="margin-top:6pt;"> <MARQUEE DIRECTION="right" SCROLLAMOUNT="2" SCROLLDELAY="72"><IMG SRC="train4.gif"></MARQUEE> </DIV><BR>
<DIV style="margin-top:-25pt;"> <MARQUEE SCROLLAMOUNT="5"><IMG SRC="train3.gif"></MARQUEE> </DIV><BR>
<DIV style="margin-top:-25pt;"> <MARQUEE DIRECTION="right" SCROLLAMOUNT="15"><IMG SRC="train2.gif"></MARQUEE> </DIV><BR>
<DIV style="margin-top:-25pt;"> <MARQUEE SCROLLAMOUNT="10"><IMG SRC="train1.gif"></MARQUEE> </DIV>
</TD></TR></TABLE>


■ タグの説明

<TABLE WIDTH="100%">背景画像を用いるために<TABLE>タグを使います。 WIDTH="100%" の記述は必須です。
style="margin-top:-25pt;" 画像を重ねるために style でマイナスを指定します。画像の縦幅が 25pt だと、全体が上の画像に重なります。
SCROLLAMOUNT="2"画像が横に移動するコマの幅をピクセル単位で指定します。指定しなければ SCROLLAMOUNT="6" と同じです。数値が多いほど一度に移動する幅が広くなりますから速くなります。
SCROLLDELAY="72"コマを表示する時間を1000分の1秒単位で指定します。指定しなければ SCROLLDELAY="80" と同じです。数値が多いほどコマを表示する時間が長くなりますから遅くなります。但し、72 以下の数値を指定しても 72 と同じです。
DIRECTION="right"画像がスクロールする方向を指定します。指定しなければ DIRECTION="left" と同じです。