■下記のスクリプトを、<HEAD> と </HEAD> の間に記述します。
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
function zoomin() {
    if ( zoom.style.pixelWidth < 238) {
        zoom.style.pixelWidth += 4;
        zoom.style.pixelHeight += 2;
    }
}
// -->
</script>
238 は画像の横幅(ピクセル)です。
4 は横幅を 4px ずつ拡大します。
2 は縦幅を 2px ずつ拡大します。


■BODY の属性を記述します。

<BODY onload="setInterval('zoomin()',10)">

10 は1段階ズームするのに要する時間(10=1000分の10秒)です。
ズーム完了までは80段階ですから、1000分の800秒=0.8秒ということになります。


■画像を表示する位置に記述します。

<IMG SRC="gazou3.jpg" ID="zoom" STYLE="width:4px;height:9px">

width:4px;height:9px は画像の横縦の初期サイズです。
この画像は、横:324px 縦:169px です。横縦の比率を4対2にすると、横 4px 縦 9px 余ります。この端数を初期サイズにします。端数がない場合は 0px にします。
320÷4=80、160÷2=80、ズーム完了までに80 段階ということです。